Latest Entries

公務員 資格取得はおすすめで人気な資格

公務員の資格取得を検討している方も多いことと思います。
なにしろ、公務員の資格取得はおすすめな人気な資格ですから。

公務員試験には、大きく分けると2つあります。
国家公務員試験と、地方公務員試験です


国家公務員と地方公務員は、学歴などに応じてさらに種類別に分類され、
まず、国家公務員は、エリート・キャリア組などと言われるⅠ種国家公務員で、採用試験倍率は130倍前後からあり、高卒程度の学歴で採用試験に合格できるⅢ種国家公務員まであるんです。

一方、地方公務員の採用試験には、幹部候補の地方公務員上級から、高卒程度の地方公務員初級まであります。

採用試験の合格率や難易度も、このような種類別によって大きく差異があります。
公務員採用試験を受験する場合、年齢・学歴・居住地などによる制約があるケースもありますので、注意をすることが必要でしょう。
世界的景気問題の影響からも、公務員は景気に左右されない安定した職業として人気が高まっています。
 
また、給与や昇格、仕事内容にいたってももちろん男女平等なので、女性にとっては魅力的な職業といえます。
ただ、公務員は、民間企業と異なって、公共の利益のために、国や市民など全体の奉仕者として、働かなくてはいけないことを十分に理解しておく必要があります。
スポンサーサイト

ネイルアーティスト資格講座

資格講座の中でも、圧倒的に多いのは英語と美容関係かな、などと数えたわけでもないですが、ちょっと見しますと、そんな気がします。
わたしたちの美への飽くなき欲求は、きっと永遠に不滅でしょう。

ネイルアーティストという、お客様の爪や指先を美しくするプロの人たちがいます。ネイリストともいいます。
爪は小さいスペースですが、意外に目立つところ。

そこでセンスのいいネイルケア・ネイルアートが注目されるわけです。
ネイルアーティストになるための通信講座は多々あります。
「ネイルアーティスト資格通信講座」では、基本的なネイルケアの知識や技術を学びます。

さらにネイリストは、爪という小さなスペースでお客様に満足をいただけるようなアート性、独創性なセンスも必要。
そういった部分も、もちろん講座において指導を受けることで洗練されていくでしょう。

ネイルアーティストは、ネイルサロンの他、ヘアサロンやエステサロン、ブライダルサロンなど需要が多々あります。

ネイルアーティストを夢みている方は、まずは講座で学んで実力を身につけて。
夢への一歩を踏み出す機会はいつでもあります。

「関連記事」
公務員の資格取得

薬剤師の資格と求人

薬剤師の求人は、薬学部そのものが人気学部であり、安定して変わらないので、薬剤師の求人はたいへんいいです。

薬剤師の人気の就職先では、倍率が高くて薬剤師の資格を持っているだけでは、簡単に就職できないということはありますが、どんな素晴らしい資格だろうとそれは同じことでしょう。

これは薬剤師に限った問題ではなく、医療従事者はおそらくほとんどすべての職域にわたって、同じことがいえるのですが、都市部への集中と、地方での人手不足、という問題があります。

都心では薬局の求人の倍率が高くなかなか就職できないこともありますが、少しでも地方へ出ると募集倍率一倍以下、要するに、薬剤師の求人を見つけたら資格所持者が応募すれば、自動的に即採用、ということはざらです。

要するに、薬剤師の資格を持っていれば、贅沢を言わなければ、純粋に喰いっぱぐれるということはまずありません。
今後も、「お勧めの薬剤師求人情報」は頻繁に変化するでしょうが、このこと自体は、おそらく向こう数十年、変わることはないと思われます。

「関連記事」
公務員の資格取得

調剤薬局事務の資格と働く職場

調剤薬局事務の資格人気が高く、医療事務の資格と同じくらいありますね。
この資格は、就職や転職や再就職の際に大変役立つ資格でありながら、意外に手軽に取得できる資格として、既婚者、出産後の女性、家事と育児の両立ができる主婦に、人気の資格です。

調剤薬局で、レセプトの作成とか、受付業務、保険確認、会計業務、データ入力、薬剤発注、在庫管理などを行う仕事です。
調剤薬局で働く薬剤師を、サポートします。
調剤薬局は日本全国にあるため、もし転居することがあっても、再就職に困ることのない資格です。

資格の取得は、民間の認定機関が行う「認定講座」を受講して、その後「認定試験」に合格することで取得できます。
調剤薬局に再就職する際、資格がなくてもいいのですが、資格を取得していた方が有利になると思います。

税理士への道には

税理士資格は、試験の合格者のみが、税理士として登録されるわけではありません。

法律の専門家である弁護士や公認会計士は、その業務の高度な資質から税法を充分に解釈できるであろうという観点で、税理士登録を認められています。

このほか弁護士・公認会計士でなくても、
・国税に関する所定の事務に一定期間従事した国税税務職員、
・地方税に関する所定の事務に一定期間従事した地方税税務職員、
・大学などの教授・助教授・講師として3年以上従事した者、
・博士又は修士の学位を有する者
などは税理士資格試験の全部又は一部が免除となります。