Entries

調剤薬局事務の資格と働く職場

調剤薬局事務の資格人気が高く、医療事務の資格と同じくらいありますね。
この資格は、就職や転職や再就職の際に大変役立つ資格でありながら、意外に手軽に取得できる資格として、既婚者、出産後の女性、家事と育児の両立ができる主婦に、人気の資格です。

調剤薬局で、レセプトの作成とか、受付業務、保険確認、会計業務、データ入力、薬剤発注、在庫管理などを行う仕事です。
調剤薬局で働く薬剤師を、サポートします。
調剤薬局は日本全国にあるため、もし転居することがあっても、再就職に困ることのない資格です。

資格の取得は、民間の認定機関が行う「認定講座」を受講して、その後「認定試験」に合格することで取得できます。
調剤薬局に再就職する際、資格がなくてもいいのですが、資格を取得していた方が有利になると思います。

スポンサーサイト

税理士への道には

税理士資格は、試験の合格者のみが、税理士として登録されるわけではありません。

法律の専門家である弁護士や公認会計士は、その業務の高度な資質から税法を充分に解釈できるであろうという観点で、税理士登録を認められています。

このほか弁護士・公認会計士でなくても、
・国税に関する所定の事務に一定期間従事した国税税務職員、
・地方税に関する所定の事務に一定期間従事した地方税税務職員、
・大学などの教授・助教授・講師として3年以上従事した者、
・博士又は修士の学位を有する者
などは税理士資格試験の全部又は一部が免除となります。



司法試験

司法試験は、法科大学院の卒業者を対象とした新司法試験がスタートするなど、従来とは大きく様変わりしつつあります。
従来型の司法試験と新司法試験が、2011年までは並行して実施されることになっています。
超難関の日本3大国家試験の一つといわれ司法試験です、合格率は2~3%にすぎません。
そのため、ほとんどの受験生は、大学の法学部に通学しながら、並行して司法試験の予備校に通うという、ハードなダブルスクール生活を続けているのです。
法曹人口の拡大を目的とした新司法試験がスタートしても、実際のところは、高い競争率はほとんど変らないのではないかという見方をされています。
ただ今現在は移行期で、司法試験改革については、たくさんの問題点が残されています。移行期の間は、しばらくある程度の混乱は続くものと思われますが、自からを見失わないよう、目的意識をもって超難関の国家試験挑戦に励んでいただきたいと思います。

教員採用試験

教員採用試験は、公立学校の教員を採用するための試験のことです。
公立学校の教員になるためには、教員免許を持っているだけでは、公立学校の教員にはなれません。教員採用試験に合格してはじめて採用されるのです。
教員採用試験については、少子化の影響だとか、学校の統廃合など進むなかにおいて、教員の新規採用の減少もかなり長期にわたり、高い競争率が続いてきました。
そのため、大学の教育学部も、カリキュラムを変更し、学校教員以外の進路にも対応できるようしてきたほどです。

しかし、2007年以降、団塊の世代の定年退職による欠員増加や、少人数学級の増加による教員不足もあり、最近、ようやく教員採用率も上向きになってきています。
また、都道府県や政令指定都市別に行なわれるため、地域間による教員採用試験の合格率格差が大きくなっています。
教員採用試験に合格しやすいのは、ベテラン教員が大量に定年退職して教員不足になる、東京や大阪、名古屋などの大都市といわれています。2006年は、特に小学校教員の採用者数が急増したのであります。
教員採用試験合格率の今後は、毎年変動していくと思われますので、教員を目指す人は、教員採用試験関係の、最新情報収集を怠らずに、試験対策をしていきましょう。

試験準備は万全?

試験の準備をして万全にしようというと、かなりの人が合格するためのノウハウや知識を詰め込み、テクニックを磨くこと、と思われがちです。
もちろん、それも立派な試験準備の一つといえるでしょう。
また、試験日に向けて、精神面のコントロールや体のコンディションを整えるといったことも、試験準備の一つです。
しかし、本質の試験準備というものを考えると、自分が合格後、その道、方向性をどのように歩んでいくかという動機付けを、自分の中で確実に持っておくことであると考えます。
憧れの大学に入学後、目標を見失って退学してしまう、などというのもそのパターンの現れです。
目的と手段を間違えることなく、試験に合格しようが、もし不合格となろうが、自分の人生を開拓していっていただきたいと思います。

衛生管理者資格

労働安全衛生法により、50人以上の従業員が働く事業場では、最低1人の衛生管理者を配置することが定められています。衛生管理者は健康障害による労働災害を防止し,快適な職場環境をつくる重要な役割を担っています。

具体的には、労働者の危険または健康障害を防止、安全または衛生のための教育、健康診断の実施その他健康の保持増進のための措置等があります。