Entries

看護師転職のサイトチェック

看護師は常に求人があり、人手不足状態、この先、高齢化が進めば、人手はもっと足りなくなってしまうことでしょう。

看護師は重要な仕事ですが、その待遇は今もあまり良い待遇だとはいえないようで、時間も長く、夜勤もあり、体力的にきつい、でも給料はそれほど高くない、そう感じている看護師の方も多いでしょう。

ですから、看護師転職のサイトなどをよくチェックして、少しでも良い待遇のところへ転職したい、と考えている方が多いのです。

看護師の求人サイト、転職支援サービスでも、病院関係専門とか、そのような専門的なサイトが出てきたおかげで、最近は転職がしやすい状態なってきたと考えます。

最近はそのような看護師専門の転職サイトに登録すれば、より情報収集もしやすくなり、望む待遇の病院が見つけやすくなって、現在は、職場を選ぶということができる時代になってきています。
スポンサーサイト

転職理由を前向きに

転職したいと思ったときは、まず冷静に自分の気持ちを判断することです。
自分ではわかっているつもりでも、潜在的な転職理由に気がついていない場合もあります。
ですから、転職を決断する前に、自分の本当の気持ちを整理することが大切です。

ホンネの転職理由をしっかりと見つめることにより、転職に失敗する確率を低くすることができるのです。
ホンネの理由が不平不満に基づくものである時には、慎重に考える必要があります。

転職は自分自身だけではなく、家族の生活にも大きく影響を与えます。
安易で軽はずみな転職は不幸以外の何ものでもありません。
たとえ一時的に物事がうまくいったとしても、将来破綻する危険性が内在します。

自分の人生を満足できるものにしたいのであれば、転職して確実に成功する道を選択することが賢明です。
そのためにも、しっかりとした目標を持ち、充分時間をかけて準備をしたいものです。
そうすればおのずと前向きな転職理由に変わるはずですから。

中高年の転職と現実

転職は今では当たり前になっていますが、中高年からの転職は少しばかり様相が異なります。
それは事実上、人生最後の転職となる可能性が高いからです。

中高年が転職するとき求められるのは、
①即戦力(すぐに戦力になれる実力を期待される)
②経験(教えなくても暗黙知でまわりに伝播する)
③実務、管理能力(経験での実務能力と管理能力をすぐに発揮して欲しい)
などがあります。

中高年の転職がかなり厳しいということから、最近では地方の少子高齢化、過疎対策などで、
中高年を受け入れる自治体が多くなっています。

単に地方に居を移すだけでなく、そこで職を得ながら暮らすわけですから、ある意味転職といっても差し支えないでしょう。
ただ、この場合でも家族の問題、移住先の仕事や収入、住環境、将来像など、次前に綿密に計画、調査が必要です。

憧れや田舎暮らし、といった動機で実行した場合、取り返しのつかないケースもあり、
成功している人たちは、やはり事前に時間をかけて綿密な調査と、近隣の人たちとの交流を怠っていなかったようです。

転職と履歴書

転職や就職履歴書、志望動機、はどのようにまとめたらいいのか、採用する人がチェックするポイントをしっかりおさえ、成功させましょう。

・履歴書を書く前に、いろんなところを確認しておく
その企業がどんな人材を求めているのか、自分のどのような点が活かせるのか。
・字は丁寧に書く
誤字脱字にも注意し、略字は使わないようにします。
・志望動機で、採用担当者が見ているポイントを理解しておく
自社が求めている人材を理解しているか、転職の場合、過去の職歴を活かせるか、自社だからこそ、入社したいという意識が強いか。
・履歴書を送る前には、必ず見直しをすること

面接での気のつけかた

転職などで仕事を探す場合、面接は大きなポイントになります。
書類選考では OK だったのに、面接でハネられてダメになってしまう場合、相手に印象がよくないことを言ってしまっている可能性があります。

面接を受ける時、志望動機について必ず聞かれます。
面接官に志望動機を尋ねられると、「○○社に紹介を受けた」と言ってしまう人がいますが、あくまできっかけであり、志望動機ではありません。

また、先方から質問されるだけでなく、こちらからいろいろ質問することもあるでしょう。
従業員数や沿革など、ホームページに書いてあるようなことを質問するのは NG です。

看護師の単発の募集

看護師の資格を持っていますと、知識、技術、夜勤、単発でも、どこへ行っても一緒で、看護師の資格があって、勤務経験のある方でしたら、どこの病院に行ってもやっていけます。

従って、看護師という職種は、1日限りで派遣会社からのスタッフが仕事をしても、業務的に問題なく、こうした単発の募集も多いのだと思います。

現役の看護師であれば、それなりに技術はしっかり持っていますから、病棟で入院患者のお世話であっても、巡回の健康診断であっても、問題なくやっていけるのです。

20代の転職面接

20代の転職のポイントは、過去、将来における自己分析をしっかりとすることです。
自分がこれまでどのようなことをしてきて、将来どのようなキャリアを身につけたいか。
どのような仕事をして、どのようになりたいのか、などじっくり考えてみましょう。

一番大切なことは、転職先企業が自分に合うかどうかでしょう。
転職をせっかくしても、また「こんなはずじゃなかった」と転職を繰り返しては意味がありませんね。
企業のホームページなどに頼るだけではなく、志望先企業の情報をしっかりと入手し理解しましょう。

20代の転職の特徴は、初めての転職をする人が多いということです。
「もっともっと、いろんな仕事をしてみたい」
就職して3~4年周囲のことが気になり始めるころです。

キャリアアップを望み、職へのこだわりを始めるのです。
他には、「入社してみたら、想像していたのと違った」「こんなはずじゃなかった」
など現在の仕事への不満、あるいは将来への不安によるものもあります。

就転職試験に役立つ秘書面接対策

最近、転職などが目立ち、就職転職試験のためにいろいろな資格を取る方が増えてきています。
みなさん、秘書検定をご存じでしょうか?
秘書検定の正式な呼び方は秘書技能検定といいます。文部科学省が認定している資格です。気になるのはその試験の中身です。

実際、秘書検定の内容は、実際の仕事を想定したような問題です。
日常でのマナーが主な内容となっています。最近は転職率も多く、自分で資格を取ってスキルアップに使う人も多いようです。年々受験者数が増えてきているといってもいいでしょう。秘書検定には一級と準一級、二級、三級と四段階に分かれていて自分の実力を試すにも試しやすいと思います。一級は超難関な試験となっています。
実際の秘書の仕事内容を完璧に理解して、専門的である秘書業務に関しての高い技術力や幅広い知識を身につけていなければなりません。

しかし、三級は比較的合格しやすく、実力を試すうえでもいいと思います。
三級の内容としては、実際の秘書の教務を理解して、初歩的な内容の秘書業務をマスターすることです。ここでは、試験で一番大切になってくる面接対策を紹介します。

実際に一般の就職試験での面接対策とあまり変わりませんが、より完成度を必要とされます。まずは身だしなみです。髪型、服装、靴、眼鏡、アクセサリーなど十分気を使ってください。
女性の方は化粧の仕方なども大きく影響してくるでしょう。
その次に大切なのは、やはりあいさつでしょう。
あいさつが素晴らしいと、それだけでいい印象を受けます。
あとは状況対応能力です。
いろいろな場面を想定して日頃からいろいろな対応を考えておくとよいでしょう。
これはすべての就職試験の面接対策として利用できるでしょう。

NTTドコモの就転職試験の面接対策

◆NTTドコモの就転職試験の面接対策

記入する内容としては、自分が興味あるフィールドとは何か、そのフィールドを選択した理由とは何か、入社後に取り組んでみたいこと、顔写真です。
顔写真についてはアップロードする形式となっています。

筆記試験はweb試験となっていて、SPI形式の問題となっています。
教科は数学と国語となります。
いくつかの問題集で練習しておけば参考になると思います。

面接対策それでは次にです。
就転職試験での面接対策はもっとも重要な項目となるので、時間をとって自分を見つめなおしてみてください。
面接で聞かれる内容ですが、志望動機ややりたいことや学生時代のことです。
あとは、エントリーシートに沿った内容となっています。
面接回数は2回となっています。
就職試験に対していろいろな不安があると思います。

就職試験を控えている方は、ぜひセミナーやOB訪問をしてみてください。
実際にその会社で働いている方の話を聞けば不安が和らぎ、新しい目標ができると思います。
また、セミナーやOB訪問は就職試験の際に有利に働くときもあります。
面接官は受験生の情報を完璧に持っています。
どのセミナーに参加したかとか、OBと何回程度会って話をしているかなど。
大変だとは思いますが、しっかり頑張って合格を勝ち取ってください。

転職に際し健康保険 Q&A

退職の際は保険、年金、税金面においていくつか手続きをしなければなりません。
これらに関してちょっと疑問に思うようなことを考えてみましょう。

退職する際は、健康保険を脱退しなければなりません。
通常は退職後、個人で手続きをして国民健康保険に加入します。
しかし、資格喪失日の前日までに継続して2ヶ月以上の被保険者期間がある場合。
希望すれば、最大2年間、前職の健康保険を任意継続することができるのです。
継続後は、任意に辞めることはできません。
保険料を比較すると、任意の方が安い場合があります。
この申し出は資格喪失した日から20日以内にしなければなりませんので注意が必要です。
任意継続の際の保険料は全て個人負担になります。
期日までに納付が必要です。納付しないと資格喪失します。
保険料は前納もできます。前納すると割引があります。
申請に必要な書類は「健康保険任意継続被保険者資格取得申請書 」。
被扶養者がいるときは、「健康保険被扶養者(異動)届 」も必要です。
次に別の企業に就職した場合も資格喪失します。

次の転職先がまだ決まっておらずしばらくの間、前職を退職後、失業保険を受給する場合。
失業保険受給中でも同居している配偶者の健康保険の被保険者になることができます。
その場合の条件としては、年収が130万円未満でかつ配偶者の年収の2分の1未満であることです。
健康保険組合によっては、失業保険受給中は被保険者になれないところもありますので確認が必要です。