Entries

ホームヘルパー資格

ホームヘルパーの資格は、日常生活に支障のある高齢者などの家庭を訪れ、掃除、洗濯、買い物など日常生活の家事や、入浴、食事、トイレの世話などの身体介護や、生活の相談など、利用者の生活をサポートするお仕事です。

ホームヘルパーの主な職場は、要介護者の家庭や特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、経費老人ホーム、デイサービスセンター、有料老人ホーム、グループホームなどがあります。ホームヘルパーになるには、県または県が指定した事業者が行われる訪問介護員養成研修を決められた時間、受講する必要があります。受講終了後には、県または事業者から修了証明書がもらえます。

受講資格は特にない3級でもホームヘルパーとして働けますが、介護の現場が募集しているのは多いのは2級以上です。受講資格は特にない求人では、2級以上が主であり、生活支援・身体介護・相談助言を行います。2級ヘルパーの実務経験1年以上の受験資格の1級は、ヘルパー業務のより深い知識や技術に加え、ヘルパーをとりまとめ、チームケアの担い手となるサービス提供責任者や主任ヘルパーとして活躍します。

准看護師や介護福祉士の資格を持っている者も、ホームヘルパー1級資格取得者と同じスキルがあるとしてホームヘルパー業務を行うことができます。
スポンサーサイト