Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

司法試験

司法試験は、法科大学院の卒業者を対象とした新司法試験がスタートするなど、従来とは大きく様変わりしつつあります。
従来型の司法試験と新司法試験が、2011年までは並行して実施されることになっています。
超難関の日本3大国家試験の一つといわれ司法試験です、合格率は2~3%にすぎません。
そのため、ほとんどの受験生は、大学の法学部に通学しながら、並行して司法試験の予備校に通うという、ハードなダブルスクール生活を続けているのです。
法曹人口の拡大を目的とした新司法試験がスタートしても、実際のところは、高い競争率はほとんど変らないのではないかという見方をされています。
ただ今現在は移行期で、司法試験改革については、たくさんの問題点が残されています。移行期の間は、しばらくある程度の混乱は続くものと思われますが、自からを見失わないよう、目的意識をもって超難関の国家試験挑戦に励んでいただきたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。