Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康運動指導士の活動

健康運動指導士は、体育系大学や医学部卒業者、看護士や理学療法士の有資格者、栄養士の有資格者など知識を持った上に実務経験を伴う必要があり、知識と経験を併せ持つことが求められます。
健康運動指導士の活動は、実際に症状の出ている方のサポートを病院や老人・介護施設で行なうだけでなく、フィットネスクラブや学校などで予防策を広めるためにフリーで活躍する人も増え、適切な運動の習慣化定着に力を発揮し、その活躍の幅を広げています。

健康運動指導士の必要性

日本人の死因を見れば、健康運動指導士の必要性がわかります。急務なのです。
その上位である脳卒中や心疾患は、脳内や心臓部の血流が詰まったり、血管が破れることで起こる重病です。
その原因となるのは、肥満・高血圧・高脂血症・高血糖が作り出すドロドロ血です。
それらの症状を併せ持ってしまうことが、メタボリックシンドロームで、その予防・対策になるのが、運動不足の解消なのです。

宅地建物取引主任者資格試験の受験について

◆宅地建物取引主任者資格試験の受験について
試験形式が4肢択一(4つの肢から正解の肢を一つ選択)のマークシート形式ですので受験もしやすくなっています。
宅地建物取引業を行うには、従業員5人につき専任の宅建主任者を1人設置しなくてはいけません。宅建主任者がいなければ、宅地建物取引業を行うための免許も取り消されてしまいます。ですから不動産業において、常にニーズの高い人気の資格になっています。
宅地建物取引主任者資格を学習する上で大きな比重をしめるのが民法を中心とする「権利関係」です。このあたりもしっかりと押さえるようにして下さい。

宅建取引主任者資格試験勉強の重点

宅建資格者でないとできない仕事とは、重要事項の説明、重要事項説明書への記名押印37条書面への記名押印の三つがあります。

重要事項とは、37条書面とはと思われる方も多いかと思います。これは試験勉強をしていく上で必ず出てきますので、重点項目として勉強してください。
重要事項や37条書面の問題を落とすと宅建試験の合格は厳しい可能性があります。
宅地建物取引主任者資格の特徴として、学歴などの受験資格がないため、どなたでも受験することができるという点があります。

福祉住環境コーディネーター

注目されている福祉の資格、仕事が「福祉住環境コーディネーター」です。
医療や福祉、建築などの専門家と連携して、個々のニーズにあった住宅の整備を提案していくのが福祉住環境コーディネーターの仕事です。

住宅改造についての相談を受けた福祉住環境コーディネーターは、それぞれの家庭に足を運び、障害者の障害の程度を理解し、ベッドの位置から、廊下と部屋の段差、トイレや浴室の状態まで、さまざまな面から日常生活に不便なところを把握し、本人や家族との話し合いを通じて最適な住環境づくりのための改造プランを考え、提案します。

ホームヘルパー資格

ホームヘルパーの資格は、日常生活に支障のある高齢者などの家庭を訪れ、掃除、洗濯、買い物など日常生活の家事や、入浴、食事、トイレの世話などの身体介護や、生活の相談など、利用者の生活をサポートするお仕事です。

ホームヘルパーの主な職場は、要介護者の家庭や特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、経費老人ホーム、デイサービスセンター、有料老人ホーム、グループホームなどがあります。ホームヘルパーになるには、県または県が指定した事業者が行われる訪問介護員養成研修を決められた時間、受講する必要があります。受講終了後には、県または事業者から修了証明書がもらえます。

受講資格は特にない3級でもホームヘルパーとして働けますが、介護の現場が募集しているのは多いのは2級以上です。受講資格は特にない求人では、2級以上が主であり、生活支援・身体介護・相談助言を行います。2級ヘルパーの実務経験1年以上の受験資格の1級は、ヘルパー業務のより深い知識や技術に加え、ヘルパーをとりまとめ、チームケアの担い手となるサービス提供責任者や主任ヘルパーとして活躍します。

准看護師や介護福祉士の資格を持っている者も、ホームヘルパー1級資格取得者と同じスキルがあるとしてホームヘルパー業務を行うことができます。

情報処理技術者の試験

情報処理技術者試験とは、情報処理に関わる技術者やエンドユーザー(利用者)の情報処理に関する知識や技能を測る試験です。独立法人情報処理推進機構が実施し、国の経済産業省が認定している国家試験でもあります。春期と秋期に、多くの区分に分かれた試験が毎年実施されています。

情報処理技術者試験は、基本情報技術者と初級シスアド資格試験だけは全試験マークシート方式です。
しかし、それ以外の上級資格になると、筆記や小論文が含まれてたものになり、合格者も数パーセントから20パーセント未満と、きわめて難易度の高いものになっています

パソコン資格の種類

パソコンに関する資格は大きく分けて2つの種類があります。
ベンダ資格と国家資格です。
ベンダ資格とは、民間の企業が自社の製品に関する知識や技術を持つ人に対して、その能力を認定するものです。
マイクロソフト社が認定するパソコン資格が有名でしょうか。
オートデスク社が認定するCADに関する資格も有名であると思います。

国家資格は名前のとおり、国家による資格試験をクリアした人に対して与えられるものです。
経済産業省が実施する試験に初級シスアド試験がありますが、この資格が一番有名でしょうか。

行政書士の資格

行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行う者で、国家資格です。

資格を取得したものは連合会に加盟し、個々人で仕事をこなすこととなります。仕事以外に、資格をもっている人がつけられるバッジにあこがれて資格を取得しようとする人も少なくないのではないでしょうか? 
この資格をとるにあたって、受験資格は特に定められていません。試験は年一回で、受験者は年々増加傾向にあるようです。ですが、元来この資格は国家資格としては比較的取得しやすい(合格しやすい)ものとして、法律、行政、コンサルタント系では登竜門のような位置づけでした。

しかし、試験の難易低下傾向から一転、ここ三年ほどは難化傾向となり、合格率は2、3%となっています。これは受験者の増加、法科大学飲に設置、資格の制度見直し論などの影響を受けたためと考えられています。通信教育や専門学校などで数多く「一発で受かる」というような宣伝がなされていますが、弁護士などの資格と同じように難関の資格であるのにかわりありません。資格講座を受けたからといって受かるという安易な気持ちはもってはいけません。

厳しい国家公務員試験

国家公務員試験には、教養試験・専門試験・論文試験・面接試験などがあり、これらの総合結果で合格が決定します。教養試験及び専門試験には基準点がありますから、この基準点に満たないものは合格できないという大変厳しい試験です。
どんな形態の試験であってもバランスよく解答できる総合的な力が必要です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。