Entries

転職に際し健康保険 Q&A

退職の際は保険、年金、税金面においていくつか手続きをしなければなりません。
これらに関してちょっと疑問に思うようなことを考えてみましょう。

退職する際は、健康保険を脱退しなければなりません。
通常は退職後、個人で手続きをして国民健康保険に加入します。
しかし、資格喪失日の前日までに継続して2ヶ月以上の被保険者期間がある場合。
希望すれば、最大2年間、前職の健康保険を任意継続することができるのです。
継続後は、任意に辞めることはできません。
保険料を比較すると、任意の方が安い場合があります。
この申し出は資格喪失した日から20日以内にしなければなりませんので注意が必要です。
任意継続の際の保険料は全て個人負担になります。
期日までに納付が必要です。納付しないと資格喪失します。
保険料は前納もできます。前納すると割引があります。
申請に必要な書類は「健康保険任意継続被保険者資格取得申請書 」。
被扶養者がいるときは、「健康保険被扶養者(異動)届 」も必要です。
次に別の企業に就職した場合も資格喪失します。

次の転職先がまだ決まっておらずしばらくの間、前職を退職後、失業保険を受給する場合。
失業保険受給中でも同居している配偶者の健康保険の被保険者になることができます。
その場合の条件としては、年収が130万円未満でかつ配偶者の年収の2分の1未満であることです。
健康保険組合によっては、失業保険受給中は被保険者になれないところもありますので確認が必要です。

就職転職活動での履歴書

就職転職活動での履歴書とは、企業の担当者に、あなたがどのような人物であるのかを知ってもらうための大切な資料なのです。
あなたが,その企業に大変ふさわしい人材であったとしても、多くの志願者が応募するので担当者は履歴書を見るのに、あまり時間を割けないのが現実です。
人間は相手に対する印象を第一印象で80%以上決めてしまうと言います。
エントリーシートと一緒に提出する履歴書には 必ず履歴書写真が必要なんです,

就職転職活動で一番大事なこと

就職転職活動で一番大事なのは、自己分析と仕事の内容を調べること,業界や企業の研究に力を入れることですね。
あなたがその会社を選んだ理由をエントリーシートや面接で説明できなくてはならないからです。
履歴書やエントリーシートにその会社への情熱や、積極性を述べられ,将来への見解を伝える事が第一歩です。

転職活動と健康診断書

転職で提出を求められることの多い健康診断書。
転職活動をするときには早めに健康診断を受け、健康診断書を発行してもらうといいでしょう。
そうすれば転職先に診断書の提出を求められた時にいつでも提出することができ、バタバタとあせって病院に行く心配がありません。

転職時の健康診断

健康診断にかかる時間はどれくらいになるか。予約制のところならだいたい30分~60分程度でできるところがほとんどです。
転職時の健康診断を受けるのにどれくらいお金がかかるか。病院・クリニックによって変動がありますがだいたい5,000円~10,000円の範囲で受けることができます。
健康診断の前日から当日にかけて食事や飲み物、喫煙などについての注意点があるので、忘れないように気をつけましょう。