Entries

税理士への道には

税理士資格は、試験の合格者のみが、税理士として登録されるわけではありません。

法律の専門家である弁護士や公認会計士は、その業務の高度な資質から税法を充分に解釈できるであろうという観点で、税理士登録を認められています。

このほか弁護士・公認会計士でなくても、
・国税に関する所定の事務に一定期間従事した国税税務職員、
・地方税に関する所定の事務に一定期間従事した地方税税務職員、
・大学などの教授・助教授・講師として3年以上従事した者、
・博士又は修士の学位を有する者
などは税理士資格試験の全部又は一部が免除となります。



調理師の情報

調理師の情報では、転職や就職を考えている人には大切な情報です。
調理師の資格者として、求人情報を絞り込むことができます。

資格条件がない求人も結構ありますが、調理師を指定している場合は、それなりのスキルを求めていると考えてよく、当然ながら給料も高くなります。

このような情報がありますから、調理師の資格の取り方を調べている人もいます。
1年に1度の国家試験ですから、数年後の転職を目指して、調理師の資格を取ることが大切です。

保育士は国家資格

保育士になるためには当然のことですが、国家資格ですから、保育士の国家試験に合格しなければなりません
資格取得を目指す一つの方法として、通信教育などで取得しようとしている人もいますが、普通では短大や4年制大学で、単位の取得をすることが早道でしょう。

学校できちんと勉強をしてきた人なら、保育士の試験は難しいとも言われてはいますが、合格するでしょう。
ただ、通信教育や独学の場合はハードルが高いようですね。
実習なども必須です。

転職と履歴書

転職や就職履歴書、志望動機、はどのようにまとめたらいいのか、採用する人がチェックするポイントをしっかりおさえ、成功させましょう。

・履歴書を書く前に、いろんなところを確認しておく
その企業がどんな人材を求めているのか、自分のどのような点が活かせるのか。
・字は丁寧に書く
誤字脱字にも注意し、略字は使わないようにします。
・志望動機で、採用担当者が見ているポイントを理解しておく
自社が求めている人材を理解しているか、転職の場合、過去の職歴を活かせるか、自社だからこそ、入社したいという意識が強いか。
・履歴書を送る前には、必ず見直しをすること

面接での気のつけかた

転職などで仕事を探す場合、面接は大きなポイントになります。
書類選考では OK だったのに、面接でハネられてダメになってしまう場合、相手に印象がよくないことを言ってしまっている可能性があります。

面接を受ける時、志望動機について必ず聞かれます。
面接官に志望動機を尋ねられると、「○○社に紹介を受けた」と言ってしまう人がいますが、あくまできっかけであり、志望動機ではありません。

また、先方から質問されるだけでなく、こちらからいろいろ質問することもあるでしょう。
従業員数や沿革など、ホームページに書いてあるようなことを質問するのは NG です。